家庭用脱毛器のメリット!いつでも顔脱毛できるから便利

脱毛をするにあたって、家庭用脱毛器を使うかどうか悩むところではないでしょうか。仕事が忙しかったりすると、お風呂あがりのわずかな時間でも「脱毛したい!」と思うもの。ただし、家庭用の脱毛器が、一般的なエステサロンと同様のレベルで脱毛できるかどうか考えると、そこまではムリかもしれないと思ったりも。

家庭用脱毛器でも、ある程度の価格を払うと、エステサロンと同様の効果を得られる機械を買えます。ただ、ポイントは「光」や「フラッシュ」、「レーザー」を選ぶこと。

例えば「レディースシェーバー」と呼ばれる商品名だと、シェーバー=かみそりなので脱毛器ではありません。1台あたり1万円ほどの高価な脱毛器を買ったとしても、かみそりの延長線上でしかないシェーバーしか購入できないというわけです。

楽天市場で見てみましたが、脱毛器ランキングの上位を見ると、1位の「ケノン」をはじめとして、

・「ツーピーエス」
・「エピレタ」
・「COSBEAUTY」
・「ベリッシマ」

などがありました。家庭用電化製品のブラウンからは「シルクエキスパート」と呼ばれる製品もあります。ランキングは「売れている商品」なので、ランキングを参考にして商品選びをするのもいいですね。大体3万円ほどからの価格で、ケノンだと7万円弱。この値段の差はショット数にも関係があります。これらは「光」と説明があり、ショット数も書かれているので、エステと同じくらいのレベルの脱毛器です。

そして、1位のケノンだとレベル1で600万照射ができます。女性は顔のほか、ワキ、ウデ、アシなどに使い、男性はヒゲ、首などに使うことができるので、夫婦で使うのもいいかもしれません。2万円台の「エピレタ」は15万ショット。そう考えると、何ショット使うかでも買うべき商品は違ってきます。

全身脱毛をしたい場合や、夫婦・家族で使いたい場合はショット数の多い脱毛器を選ぶのが一番でしょうし、もし、部分的に使いたいのならショット数が少ないものでもいいでしょう。

脱毛器を選ぶ時に考えたいのは、最近では脱毛エステも価格の安いところが増えてきています。両ワキ、通い放題で300円なんていうキャンペーン価格を打ち出しているエステサロンもあり、はたして家庭用脱毛器がお得かどうかは謎な部分も……。両ワキさえ完全に脱毛できればいい、VIOラインのみ行きたいのなら、数万円の家庭用脱毛器を購入しなくてもエステサロンに通った方がお得な場合もあります。価格を比較しながら、通うか、自宅ケアにするか、決めたいものです。