話題のスプレータイプBB!マイナス5度の冷感タイプで

暑い日は、メイクをしても出勤時にもう既に崩れてしまっていることだってありえます。そんな人にも対策できるのが「冷たい」スプレータイプのファンデーション。スプレータイプ、使ったことがある人はまだ少数かもしれません。新商品として2017年には各化粧品メーカーからスプレータイプのBBファンデーションが発売され、CM放送もされています。

過去にはスプレータイプ、日焼け止めが販売されていました。そして、このスプレータイプ日焼け止め、ドラッグストアでも購入できるため今では割と一般的になってきている気がします。スプレータイプの日焼け止めの利点は、手が届かない部分まで日焼け止めをつけることができることで、髪の毛や首の後ろ、デコルテなどにもシュッとひとふきして使えます。それが進化したのが「スプレータイプBB」。

マイナス5度で、肌のひきしめの効果を得られるほか、BBファンデーションとして使えるので、毛穴、色ムラもカバーします。フローズンタイプのBBスプレーなので、暑い日のメイクとして使えます。

注目なのは、ドラッグストアでも購入できる、エスプリークの「ひんやりタッチBBスプレー」「ひんやりタッチCCスプレー」や、資生堂プリオールの「クール美つやBBスプレー」。

使い方は、どの商品もスポンジに吹き付けて伸ばすだけ。色つきのファンデーションなので、スプレー式日焼け止めのように直接肌には吹き付けることはできませんが、スポンジにシュッと出すだけでそのまま使えます。いいのは、美容液、日焼け止め、化粧下地、ファンデーション、フェイスパウダーの5つを1本でまかなうことができて、この1つで日焼け止めとファンデーションの効果が得られること。エスプリークの商品は明るめ、標準の2色もあり、SPF50+、PA++++。小型サイズはメイクのお直しとしても使えそうで、@コスメでの評価も高いです。

しくみはBBファンデーションと一緒に出てくる揮発性の液体が気体になるので温度が下がり、ひんやりした質感になるのだとか。肌を冷やすことは、キメを整えるのにもよく、夏の時期は保冷剤で肌をパッティングする人もいるといいます。

資生堂のプリオールは50代向けのブランドですが、同じくマイナス5度の冷感タイプでBBファンデが販売されています。こちらはSPF42、PA++の商品で、アロマブーケの香りがついています。ひんやり質感のスプレー式BBクリームは、夏の時期にあると便利なアイテムかもしれません。注目です!